iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップ2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集

関数へのポインタの例

 よく分からなかった、関数へのポインタの例ですが、単純な例が出来ました。

続きを読む
スポンサーサイト
02/25/ (水) 00:22| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

二次元の表へ、下請けから数字をセットします。

この場合は、これ以上の引数の次元の要素は省略できないようです。
02/24/ (火) 12:50| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

所得税の確定申告の相談会へ行ってきました。

 パソコンの可能性を探って、青色申告と言うのでしょうか、今から5年位前から挑戦してます。
最初はExcelのシェアウエアで出来るかとも考えてまして、挑戦。しかし、自分に理解できないというか、
断念。その後商工会議所のブルーリターンAというソフトに出会って3年が経過。曲がりなりにも、
3年間申告してきました。ことしから3年間の保守契約をしたので、かなり使う期間があります。
 農業の収支の部分は殆ど問題ないと思います。但し、申告書作成に関しては、大きな問題では
ないのかもしれませんが、使えていません。もうひとつ不満なのが、ソフトの説明が十分出来ない。
自分で作ったのでないでしょうから、無理もないのですが、商工会議所の説明が良く分からないのです。
 その結果、農業の収支だけつけて後は、税務相談の窓口で、必要な書類を持っていって、
自分が書くのが筋のようですが、担当職員から教わって、というか、自分は名前と住所と判子を押すだけ、
のようになってます。まあ、約1年3000円で使えるのは仕方なし、というところでしょうか?
 税務署の担当でも、間違うことはあるみたいで、後から訂正版が送られてきました。
さらに、後から農協から源泉徴収表が来て、もう一度修正の為に、相談会へ行きました。
今年は、2回行きました。
02/24/ (火) 09:50| 年末年始コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

二次元の表を一次元の表にして、値をセットする。九九の表です。

#include <iostream>
#include <stdio.h>

void MakeNantokaDan(int i, int h[9])
{
    for(int j=1; j<=9; j++)
    {
        h[j-1] = i * j;
    }

}

void MakeKukuHyo( int h[9][9])
{
    for( int i=1; i<=9; i++)
    {
        MakeNantokaDan( i,h[i - 1] );

    }

}

void DispNantokaDan( int i, int h[9])
{
    for(int j=1; j<=9; j++)
    {
        printf("%5d",h[j - 1]);
    }
    printf("\n");
}

void DispKukuHyo( int h[9][9])
{
    for( int i=1; i<=9; i++)
    {
        DispNantokaDan( i, h[i - 1] );
    }

}

int main()
{
    int hyou[9][9];    //九九の表の結果が入る。

    MakeKukuHyo(hyou);

    DispKukuHyo(hyou);

    return 0;
}

続きを読む
02/24/ (火) 01:01| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

カートの移動をC++で書いてみました。エラーが少しは減りました。

class Kahto
{
    int bango;
    int syuryou;
    int okibasyo;
public:
    Kahto(){}
    void Set_Kahto(int ban, int syu, int oki)
    {
        bango = ban;
        syuryou = syu;
        okibasyo = oki;
    }

    int Get_Bango()
    {
        return bango;
    }
    
    int Get_Syuryou()
    {
        return syuryou;
    }

    int Get_Okibasyo()
    {
        return okibasyo;
    }

    void Set_Okibasyo(int so)
    {
        okibasyo = so;
    }

    void Set_Bango(int bn)
    {
        bango = bn;
    }

    void Set_Syuryo(int syu)
    {
        syuryou = syu;
    }

    void Kahto_Idou(int plsyu,int oki)
    {
        syuryou = syuryou + plsyu;
        okibasyo = oki;
    }

};

class Okiba
{
    int kahtobango[10];
public:
    Okiba(){};
    int KahtoOkibaReset()
    {
        int i;
        for(i=0; i<=9; i++)
            kahtobango[i] = 9999;
        return 0;

    }
    void OkibaReport(int w[10])
    {
        int i;
        for(i=0; i<=9; i++)
        {
            printf("%5d",kahtobango[i]);
            w[i] = kahtobango[i];
        }
        printf("\n");
    }

    int Get_KahtoPos()
    {
        int i;
        for(i=0; i<=9; i++)
        {
            if(kahtobango[i] == 9999)
                return i;
        }
        return -1;
    }

    void Set_KahtoPos(int p,int kn)
    {
        kahtobango[p] = kn;
    }


};

#include <iostream>
#include <stdio.h>

#include "Kahto.h"
#include "Okiba.h"

using namespace std;


void Kahto_Initialize(Kahto akato[30])
{
    akato[0].Set_Kahto(0,100,0);
    akato[1].Set_Kahto(1,95,1);
    akato[2].Set_Kahto(2,90,2);
    akato[3].Set_Kahto(3,85,3);
    akato[4].Set_Kahto(4,80,4);
    akato[5].Set_Kahto(5,75,0);
    akato[6].Set_Kahto(6,70,1);
    akato[7].Set_Kahto(7,65,2);
    akato[8].Set_Kahto(8,60,3);
    akato[9].Set_Kahto(9,55,4);
    akato[10].Set_Kahto(10,50,0);
    akato[11].Set_Kahto(11,45,1);
    akato[12].Set_Kahto(12,40,2);
    akato[13].Set_Kahto(13,35,3);
    akato[14].Set_Kahto(14,30,4);
    akato[15].Set_Kahto(15,25,0);
    akato[16].Set_Kahto(16,20,1);
    akato[17].Set_Kahto(17,15,2);
    akato[18].Set_Kahto(18,10,3);
    akato[19].Set_Kahto(19,5,4);
    akato[20].Set_Kahto(20,95,0);
    akato[21].Set_Kahto(21,90,1);
    akato[22].Set_Kahto(22,85,2);
    akato[23].Set_Kahto(23,80,3);
    akato[24].Set_Kahto(24,75,3);
    akato[25].Set_Kahto(25,95,1);
    akato[26].Set_Kahto(26,95,1);
    akato[27].Set_Kahto(27,95,1);
    akato[28].Set_Kahto(28,95,1);
    akato[29].Set_Kahto(29,95,2);
}

void OkibaReport(Okiba a[],int SaidaiOkiba,int w[5][10])
{
    Okiba* okbp;
    
    printf("カート置場のカートの状況を報告します。\n");
    for(int i=0; i<=SaidaiOkiba - 1; i++)
    {
        printf("カート置場(%3d)",i);
        okbp = &a[i];
        (*okbp).OkibaReport(w[i]);
        
    }
    printf("報告を終了します。\n\n");
}

void KahtoOkibaReset(Okiba a[],int SaidaiOkiba)
{
    Okiba* okbp;
    for(int i=0; i<=SaidaiOkiba - 1; i++)
    {
        okbp = &a[i];
        (*okbp).KahtoOkibaReset();
    }


}

void KahtoInit(Kahto aka[],int SaidaiKahto)
{
    for(int i=0; i<=SaidaiKahto - 1; i++)
    {
        aka[i].Set_Okibasyo(9999);
        aka[i].Set_Bango(i);
        aka[i].Set_Syuryo(100);
    }

}

int KahtoItidaiIdou(Kahto aka[],int work[5][10],Okiba aoki[])
{
    printf("カートを一台ずつ移動します。\n");
    while(true)
    {
        int kn;
        int sy;
        int ok;

        printf("カート番号を入力して下さい。999で終了です。");
        cin >> kn;
        if ( kn == 999 )
        {
            printf("今回の移動は終了です。");
            return -1;
        }
        printf("処理サイクルを入力して下さい。");
        cin >> sy;
        printf("移動置場を入力して下さい。");
        cin >> ok;

        int w = aka[ok].Get_Okibasyo();
        int k = aoki[w].Get_KahtoPos();
        if(k<0)
            printf("置き場所が一杯です。カート移動できません。\n");
        else
            aka[kn].Set_Kahto(kn,sy,ok);

        }

    return 0;
}

int KahtoMatometeIdou(int work[5][10],Kahto aka[30])
{
    int moto;
    int dai;
    int sy;
    int ok;
        printf("カートを纏めて移動します。");
        printf("0以外のカート置場を入力");
        cin >> moto;
        printf("処理サイクルを入力して下さい。");
        cin >> sy;
        printf("移動置場を入力して下さい。");
        cin >> ok;
        printf("移動台数を入力して下さい。");
        cin >> dai;

        int k;
        for( k=9; k>=0; k--)
        {
            int w;
            w = work[moto][k];
            if (w !=9999)
                break;
        }

        if((k+1) < dai )
        {
            printf("置場にある台数以上の入力です。");
            printf("最大の数はある台数ですので変更します。");
            dai = k + 1;

        }
        int kkk;
        for(kkk=0;kkk<=9;kkk++)
        {
            int w;
            w = work[ok][kkk];
            if (w == 9999)
                break;
        }

        if((kkk+dai) > 10)
        {
            printf("台数が多くて移動先に入りません。");
            printf("移動できる分に台数を変更します。");
            dai =10 - kkk;
        }

        if (dai == 0 )
        {
            printf("移動台数が0です。終了します。");
            return 0;
        }


        while(true)
        {
            int w;
            w = work[moto][k];
            aka[w].Kahto_Idou(sy,ok);

            
            if  ( (--dai) <= 0)
            {
                printf("希望の台数移動しました。");
                return 0;
            }
            else
            {
                k--;
                if(k<0)
                {
                    printf("これ以上は移動できません。");
                    return -1;
                }


            }

        }
    return 0;

}

int main()
{
    const int SaidaiOkiba = 5;                //カートの置き場所の最大
    const int SaidaiKahto =30;                //カートは30台

    
    Okiba aoki[SaidaiOkiba];                //置き場のインスタンス
    Kahto aka[SaidaiKahto];                    //カートのインスタンス

    int w;
    int k;

    int work[5][10];                    //カートの配置の記録
    KahtoInit(aka,SaidaiKahto);
    KahtoOkibaReset(aoki,SaidaiOkiba);
    OkibaReport(aoki,SaidaiOkiba,work);

    Kahto_Initialize(aka);                    //カートの初期の置き方

    for(int j=0; j<=29; j++)
    {
        w = aka[j].Get_Okibasyo();
        k = aoki[w].Get_KahtoPos();
        aoki[w].Set_KahtoPos(k,j);
    }
    OkibaReport(aoki,SaidaiOkiba,work);            //カートの初期状態を報告

    int syori;

    for(int lp=0; lp<=10; lp++)                //lp時間の経過を表すとする。例えば1が10分をあらわす。
    {
        printf("処理区分の入力\n");
        printf("1:一台ずつ移動 2:纏めて移動 3:終了です。");
        cin >> syori;
        if (syori == 1)
        {    
            KahtoItidaiIdou(aka,work,aoki);
        }
        else if(syori == 2)
        {
            KahtoMatometeIdou(work,aka);
        }

        KahtoOkibaReset(aoki,SaidaiOkiba);

        for(int j=0; j<=29; j++)   
続きを読む
02/23/ (月) 01:22| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

買い物に行けばお世話になるカートの動きを真似できてますか?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
class Kahto
{
    int bango;
    int syuryou;
    int okibasyo;
public:
    Kahto(){}
    void Set_Kahto(int ban, int syu, int oki)
    {
        bango = ban;
        syuryou = syu;
        okibasyo = oki;
    }

    int Get_Bango()
    {
        return bango;
    }
    
    int Get_Syuryou()
    {
        return syuryou;
    }

    int Get_Okibasyo()
    {
        return okibasyo;
    }

    void Set_Okibasyo(int so)
    {
        okibasyo = so;
    }

    void Set_Bango(int bn)
    {
        bango = bn;
    }

    void Set_Syuryo(int syu)
    {
        syuryou = syu;
    }

    void Kahto_Idou(int plsyu,int oki)
    {
        syuryou = syuryou + plsyu;
        okibasyo = oki;
    }

};
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
class Okiba
{
    int kahtobango[10];
public:
    Okiba(){};
    int KahtoOkibaReset()
    {
        int i;
        for(i=0; i<=9; i++)
            kahtobango[i] = 9999;
        return 0;

    }
    void OkibaReport(int w[10])
    {
        int i;
        //int w;
        //printf("カート置場のカートの状況を報告します。\n")
        for(i=0; i<=9; i++)
        {
            //cout << kahto[i] << " "<<endl;
            printf("%5d",kahtobango[i]);
            w[i] = kahtobango[i];
        }
        //cout << endl;
        printf("\n");
    }

    int Get_KahtoPos()
    {
        int i;
        for(i=0; i<9; i++)
        {
            if(kahtobango[i] == 9999)
                return i;
        }
        return -1;
    }

    void Set_KahtoPos(int p,int kn)
    {
        kahtobango[p] = kn;
    }


};
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
#include <iostream>
#include <stdio.h>

#include "Kahto.h"
#include "Okiba.h"

using namespace std;


void Kahto_Initialize(Kahto akato[30])
{
    akato[0].Set_Kahto(0,100,0);
    akato[1].Set_Kahto(1,95,1);
    akato[2].Set_Kahto(2,90,2);
    akato[3].Set_Kahto(3,85,3);
    akato[4].Set_Kahto(4,80,4);
    akato[5].Set_Kahto(5,75,0);
    akato[6].Set_Kahto(6,70,1);
    akato[7].Set_Kahto(7,65,2);
    akato[8].Set_Kahto(8,60,3);
    akato[9].Set_Kahto(9,55,4);
    akato[10].Set_Kahto(10,50,0);
    akato[11].Set_Kahto(11,45,1);
    akato[12].Set_Kahto(12,40,2);
    akato[13].Set_Kahto(13,35,3);
    akato[14].Set_Kahto(14,30,4);
    akato[15].Set_Kahto(15,25,0);
    akato[16].Set_Kahto(16,20,1);
    akato[17].Set_Kahto(17,15,2);
    akato[18].Set_Kahto(18,10,3);
    akato[19].Set_Kahto(19,5,4);
    akato[20].Set_Kahto(20,95,0);
    akato[21].Set_Kahto(21,90,1);
    akato[22].Set_Kahto(22,85,2);
    akato[23].Set_Kahto(23,80,3);
    akato[24].Set_Kahto(24,75,4);
    akato[25].Set_Kahto(25,95,1);
    akato[26].Set_Kahto(26,95,1);
    akato[27].Set_Kahto(27,95,1);
    akato[28].Set_Kahto(28,95,1);
    akato[29].Set_Kahto(29,95,2);
}

void KahtoIdou(Kahto akato[30])
{

    akato[25].Kahto_Idou(5,1);
    akato[26].Kahto_Idou(5,2);
    akato[27].Kahto_Idou(5,3);
    akato[28].Kahto_Idou(5,4);
    akato[29].Kahto_Idou(5,0);

}

void OkibaReport(Okiba a[],int SaidaiOkiba,int w[5][10])
{
    Okiba* okbp;
    
    printf("カート置場のカートの状況を報告します。\n");
    for(int i=0; i<=SaidaiOkiba - 1; i++)
    {
        printf("カート置場(%3d)",i);
        okbp = &a[i];
        (*okbp).OkibaReport(w[i]);
        
    }
    printf("報告を終了します。\n\n");
}

void KahtoOkibaReset(Okiba a[],int SaidaiOkiba)
{
    Okiba* okbp;
    for(int i=0; i<=SaidaiOkiba - 1; i++)
    {
        okbp = &a[i];
        (*okbp).KahtoOkibaReset();
    }


}

void KahtoInit(Kahto aka[],int SaidaiKahto)
{
    for(int i=0; i<=SaidaiKahto - 1; i++)
    {
        aka[i].Set_Okibasyo(9999);
        aka[i].Set_Bango(i);
        aka[i].Set_Syuryo(100);
    }

}

int main()
{
    const int SaidaiOkiba = 5;
    const int SaidaiKahto =30;

    
    Okiba aoki[SaidaiOkiba];
    Kahto aka[SaidaiKahto];
    Okiba* okbp;

    int w;
    int k;

    int work[5][10];
    KahtoInit(aka,SaidaiKahto);
    KahtoOkibaReset(aoki,SaidaiOkiba);
    OkibaReport(aoki,SaidaiOkiba,work);

    Kahto_Initialize(aka);                    //カートの初期の置き方

    for(int j=0; j<=29; j++)
    {
        w = aka[j].Get_Okibasyo();
        k = aoki[w].Get_KahtoPos();
        aoki[w].Set_KahtoPos(k,j);
    }
    OkibaReport(aoki,SaidaiOkiba,work);            //カートの初期状態を報告

    
    //KahtoIdou(aka);

    int kn;
    int sy;
    int ok;

    for(int lp=0; lp<=5; lp++)
    {
        printf("カートを移動します。");
        while(true)
        {
            printf("カート番号を入力して下さい。999で終了です。 \n");
            cin >> kn;
            if ( kn == 999 )
            {
                printf("今回の移動は終了です。\n");
                break;
            }
            printf("処理サイクルを入力して下さい。");
            cin >> sy;
            printf("移動置場を入力して下さい。");
            cin >> ok;
            aka[kn].Kahto_Idou(sy,ok);
        }

        for(int i=0; i<=SaidaiOkiba - 1; i++)    //置場のカート番号を9999(無い状態)
        {
            okbp = &aoki[i];
            (*okbp).KahtoOkibaReset();
        }
        for(int j=0; j<=29; j++)                //カートから状態を整理します。
        {
            w = aka[j].Get_Okibasyo();
            k = aoki[w].Get_KahtoPos();
            aoki[w].Set_KahtoPos(k,j);
        }
        OkibaReport(aoki,SaidaiOkiba,work);            //移動後の状態を報告します。


    }
    return 0;
}

続きを読む
02/21/ (土) 15:29| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

C#でクラスオブジェクトの配列の使い方分かりました。

VS2005Express版をインストールして、配列を調べたら例がありました。
答えは、VB2005で解決していた通りの方法でした。
02/17/ (火) 09:48| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

C++でオブジェクトの配列をポインタで参照 + 多重継承

// これは、アプリケーション ウィザードを使って生成された、VC++ アプリケーション プロジェクトの 
// メイン プロジェクト ファイルです。

#include "stdafx.h"
#using <mscorlib.dll>
#include <tchar.h>

using namespace System;

class Person
{
    int tosi;
    char namae[20];
public :
    Person()        {    tosi = 0;    strcpy(namae,"");    }
    void set_tosi(int y)    {    tosi = y;                }
    int get_tosi()        {    return tosi;                }
    void set_namae(char str[])    {    strcpy(namae,str);        }
    char* get_namae()        {    return namae;            }
    void set_person(char str[],int y)    {    strcpy(namae,str); tosi = y;    }

};

class NewPerson : public Person
{
    char syumi[20];
public:
    NewPerson()        {    strcpy(syumi,"");    }
    void set_syumi(char s[]){    strcpy(syumi,s);    }
    char* get_syumi()    {    return syumi;        }

};

class  RichNewPerson : public NewPerson
{
    int okane;
public:
    RichNewPerson()        {     okane = 10000;        }
    void set_okane(int m)    {     okane = m;        }
    int get_okane()        {     return okane;        }

};


続きを読む
02/12/ (木) 14:29| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

昨日志戸平温泉へ行ってきました。

 志戸平温泉は見た目では大きなホテルが一個しかないように思えます。
実際は違うのかもしれません。家を出たのが10時頃。もう少しはやく出ようと
思っていたのですが、なかなかその通り行かず。
 妻の車で行ったのですが、ガソリンが少なく、途中で給油の必要がありました。
で、一旦4号線へ出て、前沢のインター近くで給油。その後、この辺の人は良く知っている
農免道路を北上して、花巻南インターから西に延びている道路とであったところで、西へ車を向けた。
そこからは割りと目的地は近かった。
 ホテルに着いたときは11時半。バイキングが始まる時間。遅くなったので、最初にバイキングへ行った。
最初行ったときは、自分たちを含め3組程度しかいなかったので、ゆっくり出来ると思った。
しかし、12時頃になると団体さんが来て、バイキング会場は結構な賑わい。早くきてよかったと思った。
満腹状態だったので、風呂へすぐ入らなかった。一時間程度、広間で休憩。その後風呂へ行った。
風呂はそれほど混んでいなかった。ゆっくり一時間程度入ったろうか?
その後、もう一度広間へ行って休憩。時間一杯まで(15時)休んで帰ってきた。
感想は、初めて行ったのでエレベータが良く分からず、右往左往した。休憩所と風呂のエレベータが違うのが、
面食らった。後は、広間の畳が汚れていた。これは一寸旨くないようです。後はバイキングの会場が分かりにくい。
後は、フロントの絨毯が汚れていた。それでも、値段の割にはすべてOKですかね。
 秋保の瑞鳳ですか、全体としては綺麗でした。
続きを読む
02/12/ (木) 09:56| 温泉コメント(0) | トラックバック(-) | 編集

VB2005でClassの配列を使う例 + 継承

'==========基底クラス===============
Public Class Person
    Private namae As String
    Private tosi As Integer
    Public Property Name() As String
        Get
            Name = namae
        End Get
        Set(ByVal value As String)
            namae = value
        End Set
    End Property

    Public Property Year() As Integer
        Get
            Year = tosi
        End Get
        Set(ByVal value As Integer)
            tosi = value
        End Set
    End Property

End Class
'==========派生クラス===============
Public Class NewPerson
    Inherits Person
    Dim syumi As String
    Public Property Hobby()
        Get
            Hobby = syumi
        End Get
        Set(ByVal value)
            syumi = value
        End Set
    End Property

End Class

続きを読む
02/12/ (木) 09:16| プログラミング言語コメント(0) | トラックバック(-) | 編集
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。