iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップ温泉八幡平方面へ一泊で行って来ました。Part1

八幡平方面へ一泊で行って来ました。Part1

 8/4と8/5の二日間で八幡平方面の籐七温泉、後生掛温泉、国見温泉の3カ所を回ってきました。行く時は、家を出たのが9時近く、盛岡南までは道路を知っているので、農免道路を行きました。そこから北は道を知らないので、高速で松尾・八幡平ICまで行き、そこからはアスピーテラインを籐七温泉を目指しました。高速を降りる前に、腹ごしらえを「岩手山サービスエリア」で行いました。夏休みの為か結構混んでました。籐七温泉へ行く途中で、「源太岩」から岩手山方面、八幡平の頂上方面の写真を撮りました。しかし、これから車を進めるごとに濃霧の中へ入って行きました。天気が良ければ、頂上付近の有料駐車場から展望台を目指そうと考えていたのですが、10m先も見えないので、籐七温泉を迷わず目指しました。
 そこは、男女別の風呂と露天風呂の方向がフロントを境に反対。迷わず、男女別の風呂の方向へ行きました。風呂は、硫黄の湯花が浮いている素朴な風呂。洗い場も5人程度分しかありません。しかも、露天風呂へ行くには窓を超えていくのです。それだけ、風呂が高いので、眺めは良いのです。この頃には、高度が少し下がったためか、見通しは効いていました。この時はカメラを車に置いていたので、写真は取れなかったのですが、珍しい蛾かチョウが居たのですが、残念ですが撮れませんでした。それは緑色のやや大きめの、多分蛾だと思います。
 籐七温泉では、風呂は一か所しか入らなかったので一時間も居たかどうか。下って来た道路を戻り、後生掛温泉を目指しました。アスピーテラインの最高に高い部分は相変わらずの濃霧でした。後生掛温泉へ行く途中には、蒸けの湯とかありました。そこを通過して間もなく到着しました。今日はここまで。




AUTHOR: igaiga EMAIL: URL: http://pub.ne.jp/kawaiga/ IP: 121.119.56.173 DATE: 08/06/2010 11:02:17 藤七も古いですよね~。 冬が営業していないので夏に出かけるのは貴重です(^^) 是非次回は水沢も堪能してください(^^)
スポンサーサイト
08/05/ (木) 23:09| 温泉コメント(3) | トラックバック(-) | 編集
 マスターさん、コメント有難うございました。
ここの前沢から流通センターを通る農免道路は大型車が結構多く、高速料金を節約する業務用の大型車が多いので注意です。
 あおられることも多いし、事故に会ったりしたら大変です。こちらは軽なので。
2010/08/08(日) 16:04:47 | URL | isamrx72 #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは。
夏休み中ですが寄らせて貰いました。
いつもigaigaさんの温泉記事を見てはアスピーテラインのこの温泉
を思い出していました。
でも名前が思い出せずにいたんですが、isamrx72さんの
この記事で思い出せました。
ここは学生の頃友人達と一度行ったことのある温泉で
名前共々懐かしく思い出させてもらいました~。≫^O^)/
ありがとうございました~。。
2010/08/08(日) 19:00:21 | URL | coconuts #79D/WHSg[ 編集]
coconutsさん、コメント有難うございました。
 今回の旅行で感じたのは、特徴ある温泉らしい温泉は冬季閉鎖になるような場所に在るということでしょうか。一関の須川高原温泉もそうです。今回は、特徴的な三つの温泉を選ぶことが出来たので、大正解だったと思っております。
 
2010/08/09(月) 01:00:35 | URL | isamrx72 #79D/WHSg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。