iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップスポーツ7/12 月山へ途中まで登りました。Part2。

7/12 月山へ途中まで登りました。Part2。

 7/12は前の日に早く寝たので、5時くらいに目が覚めました。軽くお風呂へ入って、サッパリしました。
朝ご飯は7時15分から、バイキングです。出来るだけ早く出かけたいので、朝食の前に荷物をまとめました。
いつもなら、NHKの朝ドラを見るのですが、その時は見ませんでした。

(前の日、宿の窓から望遠で撮りました。右の少し低いとこまで登ったと思います。)



 朝起きた時は、前の日よりも良い天気でした。頂上まできれいに月山が見えたので、これはラッキーと思いました。
宿を出て、車で登山道の8合目まで行きました。途中、庄内平野ですか、綺麗に見えました。あと、これは知らなかった
のですが、鳥海山が北の方角へど~ん鎮座していらっしゃいます。これは凄い。下の方は雲で、しかも見えなくて
頂上だけが見えます。浮いている感じですね。

(当日に8合目の駐車場の近くから、撮りました。鳥海山(新山)は迫力満点です。)

 8合目の駐車場へ着いて、登り始めたのが9時少し前でした。登り始めるとすぐにお花畑なんでしょうね。ありました。
ニッコウキスゲが丁度シーズンのようで、アッチコチで咲いてました。暫くすると、休暇村で見かけた二人連れが居ました。
後から年齢を聞くと、50代と70代とのことでした。自分たちから年齢はしゃべったんですけど。自分たちのペースと大体
同じで、追いついたり抜かれたりでした。花の写真を何枚か撮りながら進んでいくと、雪渓がありました。この辺までは
おばあさん二人連れと抜きつ抜かれつ行ったのですが、この後は追い越されなくなったので、途中から帰ったと
思いました。

(結構大きな雪渓でした。須川ではこれ程のものはありませんでしたね。写ってるのは知らない人です。)

 この頃は、もうだいぶ時間が過ぎて、11時半頃ですね。多分。この時は仏生池小屋にいて、1本400円のオロナミンCを飲みながら
休暇村から買ってきたお握りを一個だけ食べました。後は帰りの分で残しておきました。で、少しだけ休んでいると、なんと
あの二人連れが来ました。途中から帰ったと思ったんですが、そうで無いようです。話を聞くと、帰りのバスの時刻に間に合うように
この山小屋から戻るそうです。後から思ったんですが、この人たちは山を知ってるかもしれない、と思いました。
 この辺からは、木は殆ど見えなくなりました。その代わりに、大きな石がごろごろ、日本庭園のように、あちこちにありました。
一カ所だけ、凄くきつい坂があって、行者返しの岩、ですか?何とかそこもクリアできました。
この辺で、先も見えないし、一時帰ろうかなあとも思ったのですが、もう少しで頂上かもと思い、自分をだましだまし登りました。
 最後に稜線だろうところが見えましたので、あそこまで登って、見ようということにしました。石をロープで囲ったところが見えました。
そこまで登ると、須川でもそうですが、稜線に出ると、反対側はものすごい谷になってます。


(かなり谷が深いですね。落ちたら死んでしまうでしょうね。)

 休憩していると、霧が出てきて、おまけに雷も鳴ってきました。頂上まで30分くらいだったようですが、ここで諦めて下りました。続く。
スポンサーサイト
07/14/ (木) 09:08| スポーツコメント(0) | トラックバック(-) | 編集
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。