iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップスポーツ12/01 氷上山へ登りました。

12/01 氷上山へ登りました。

 氷上山(ひかみさん)は陸前高田と大船渡の境にある高さが800mチョットの山です。最近は寒くて
雪が降るので、出来るだけ積もらない山を選んでます。前回、遠野の六角牛山(ろっこうしさん)
へ行ったときは雪も多かったし、寒かったし、風も強かったので結構大変でした。
 出来るだけ無理の無いと思ったのですが、無理でした。やはり雪があると、足取りは慎重です。
登る距離は約2km、片道、高低差が500mを基準に選んでます。2時間を登る時間に見てました。
実際はそれよりもう少し掛かりました。
 一旦ここが頂上と思ったとこが違って、更に30分ほど登った(下った部分もありました)ので
これが疲れがぐっと増す原因になりました。
 頂上へあと15分程度になったとき、今日も誰も居ないだろうと覚悟してましたが、複数の足跡。
どうやら帰ったような足跡が見えません。で、頂上がまだであることが確認できました。自分が登った
コースとは別のコースから登ってきて、頂上へあと15分のところで合った、と言うことです。
 こうなると最後の頑張りで何とか頂上へ。
 先客はテントを張って、男女4人程度が多分昼ご飯を食べていたのでしょう。自分はにわか登山者なので
そんな物はありません。ここまで来ると汗をかいて、その汗のため寒くて寒くて。おにぎり2個を食べ
写真数枚を撮って、先に下がると伝えて帰途へ。
 帰りはやはり楽です。汗が引いて、だんだん寒くなくなりました。でも、下りが意外に怖いので、今回は
多少長めでも楽そうなコースを選びました。疲れがあるのも怖いです。登山口の温泉へ着いたのが
2時少し回っていたかもしれませんが、ほぼ考えたとおり帰ってこれました。
 陸前高田の玉山温泉、玉ノ湯へ浸かって帰ってきました。4時間で500円でしたが30分程度しか
居なかったと思います。

(最初に休憩した場所、もう少しで尾根へ出るだろうという地点です。)



(もしかしたら頂上かも?嫌違う。陸前高田の町が津波で消滅した様子、と広田湾)

(これは頂上から、大船渡湾。こちらも被害はあったのですが、陸前高田よりはまし)

(これは頂上から少し降りた地点から広田湾)

(一本杉まで降りると、可成りしたまで降りたので、もう少しです。)

(津波で町が消滅した場所から、氷上山を見ました。一番高いところがそうでしょう。)

(陸前高田と今は一関の大原の境、陸前高田分にあるのですが、ループ橋です。)
スポンサーサイト
12/02/ (金) 00:14| スポーツコメント(0) | トラックバック(-) | 編集
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。