iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップスポーツ4/28 前回山王山へ行った帰りに名前の無い山…

4/28 前回山王山へ行った帰りに名前の無い山…

登ったのですが、途中で視界が不良で、諦めてました。そのリベンジです。
 4/28は今までに無い気温が高い日でした。朝一でビニールハウスの苗に水をやり、高温が
予想されましたので、かなり思い切って開けました。9時少し前に、家を出ました。登り口に着いた
時に山王山の方向から誰かが来ました。まさか、同級生が来るとは思いもしませんでしたが、山菜
採りが目的の様でした。戻らないときは探しに来てくれるとの、暖かい?言葉でした。
 登りはじめは、笹が低かったので比較的楽。カタクリの花の写真を撮った頃から、斜面がきつくなり
低い木が密生した藪が始まりました。この状態が、稜線に出てからもズート続きました。少し楽に
なったのが、前回登った時に引き返した地点の近くだけ。でも、傾斜はきつい。楽になったのは藪
が密生で無いだけです。



 ここまでは所々に大きな松の木があって、それを目印にeTrex30のガイドと併用です。天気が良いと
周囲の景色から、どの辺を登ってるか分かるので不安は少ないですね。それから若干の下りがあって
最後に登が有りました。ここは笹が背丈以上。まさに藪漕ぎです。誰かが歩いた雰囲気はあるのですが
とても道とは呼べません。結局、目的に地に着いたのが、12時少し前。
 かなりこの時点で、体力は消耗してました。遭難するわけには行かないので、ゆっくりと下りました。
二度ほど登りのルートと変えようかと多少迷いましたが、ルートが詳しくないので、上ってきたルート
を結局戻ることにしました。目的の頂上から山王山へ登った林道、工事用の道路が近く見えました。
正確には、前回途中で戻った地点ですね。頂上からは道らしき物があったのですが、どこへ続くか
分からないので、変なところへ出ては大変。前回戻った地点には、目印の枯れた木があったので
これを下っても行けそうに思ったのですが、予定では無いので諦めました。
 又藪漕ぎが始まって、大きな松の木を目印に、何とかルートを外れず、登りにカタクリの花を撮った
地点まで戻ったときは、後は楽になると思ったのですが、疲労が出てきました。最後になって、登りの
ルートから外れました。でもeTrex30の画面では、それほどずれてない、そういうことですので
信じて下りました。結果としては登ったときよりも10mほど西側を歩いていて、急に自分の軽トラ
が見えたときは、嬉しかったです。この時は水も飲み干してました。パンがあったのですが食べる気に
なれません。家に帰ってきたときは、2時を過ぎてました。
 とにかく大変でした。不整脈の症状が出たか、疲労感が半端でない。帰ってきて寝てても、足がつり
そうになるし、もう藪漕ぎは暫くはたくさん。そんな感じです。

ショウジョウバカマ、イワカガミとも違うようですが?名前を知ってる方は教えて下さい。(^∧^)
スポンサーサイト
04/29/ (日) 00:20| スポーツコメント(1) | トラックバック(-) | 編集
 花の名前が分かりました。岩団扇(イワウチワ)と言うようです。間違いないでしょうね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7450303.html
2012/05/01(火) 10:57:26 | URL | isamrx72 #79D/WHSg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。