iSAMrx72's思いつきBlog

twitterが使いこなせない管理人のメモです。思いついたとき書きます。
トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--) --:--| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 編集
トップ7/1前神室山から神室山へ縦走、辛うじて成功しました。辛かった。

7/1前神室山から神室山へ縦走、辛うじて成功しました。辛かった。

前神室山までは、まずまずの天候でしたし、ズート登りでしたがなんとか、神室山まで

行けそうかなあ、と思ってました。

参考したブログに依れば、パノラマコースは登りがきつそうで、西の又コースはそうでも無い

そんな雰囲気を感じました。山登りは、登りがきつくても、帰りは緩やかな方が良いだろう、

と思ってます。下りが怖いのは、誰も同じです、疲れも来ます。

でも結構逆の方が多いようには感じてました。自分はパノラマコースから西の又コースで

帰るつもりでした。なんの疑問も持たず。

IMG_1078IMG_10792013y07m02d_052616835

(クリックで拡大します。山形県へ下りる分岐点から1枚目が通ってきた前神室山。

2枚目が神室山と避難小屋です。3枚目が歩いたトラック。左側がパノラマコースです。右が西の又コース。)

写真等はヤマレコ参照して下さい。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-316251.html



落とし穴は、雨でした。雷と共に15時くらいからでしょうか?豪雨が降り始めました。この時点で

西の又コースを大分下ったと思ったのですが、それ程下ってませんでした。その前に雪渓が

2カ所有りました。視界は効きません。こうなるとガーミンの表示の通り進むしか無いです。

なんとか雪渓はお陰でクリアできました。西の又コースのトラックにかなりギザギザした部分が

有るのですが、そこは急な下りです。その辺から豪雨です。カメラを保護するために早めに

ポンチョを着ました。雷も何度か鳴ってましたが、その辺は大きい木も多いので、雷の直撃は

無いだろうと少し安心です。月山へ登った時を思い出し、これくらいなら大丈夫だと行ける。

コース自体は焼石の経塚山と似てる、そんな安心感が少しありました。

実はこの後が大変でした。沢を渡る箇所が2カ所。それも大雨の影響で水がかなり増えてます。

どちらかというと、最初の方が大変でした。どうせ濡れてるので、ストックを頼りに水に入りました。

怖いのは転倒です。カメラは勿論、自分もどうなるか分かりません。なんとか転倒もせずに

クリアできました。まだ川を渡るところがあったとこの時点で思い出しました。下流なので

万が一渡れなかったらどうしよう、水が引くまで待つしか無い、遭難。これは嫌だ。とか

考えてたら、その場所です。これは前よりは楽そう。やはりストックの力は大きい。

そう感じたのですが、この辺からの登山道は酷いものでした。土砂が崩れているし、人が

辛うじて歩けるだけの幅しかありません。雨で土ヶ流れてます。怖いの連続です。

吊り橋も怖かったのですが、2カ所有りました。最初の吊り橋に2番目の川を渡る地点と

書いてまして、自分は沢を2階渡ったので、後は無いだろうと思ってました。その後も

小さい沢は何度か渡りました。雨は1時間くらいで止んだんですが、びしょ濡れです。

車には着替えを置いてましたので、全部着替えて帰ってきました。6時頃に出たのですが

疲れもあるので、休み休み帰って来ました。家について時は9時過ぎです。

当分あの山は、行きたくない。自分の力では、少したりない、そんな感想です。登り初めから

下り終えるまで、10時間かかりました。距離はそれ程でも無いですが、時間は掛かります。

前神室山から神室山の縦走は、初心者ではかなりきつい、おすすめではありません。

スポンサーサイト
07/02/ (火) 06:19| コメント(0) | トラックバック(-) | 編集
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

isamrx73

Author:isamrx73
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。